顔を触るクセでニキビができる

いつの間にか顔を触っていませんか。顔を触るクセがニキビの原因となることがあります。
顔を触るクセがあると、角層が傷んではがれやすくなります。手にはさまざまな汚れや雑菌がついているので、肌を汚してしまいます。角層がはがれると毛穴つまりを起こします。毛穴内部に皮脂がたまり、アクネ菌が繁殖して炎症を起こしてニキビになります。

顔を触るクセには、ほっとしたいという心理があります。ストレスを感じているときに顔を触りやすいです。
触りクセを治すには、顔を触っていることを自覚する必要があります。自分では知らない間に触っていることがあるので、周りの人に注意してもらうといいでしょう。

片手が空いているときは顔を触りやすいです。片手が空く電話としているときは、空いているほうの手にペンを持つなどして、顔を触らないように気をつけましょう。電車の中など何もすることがないときも顔を触りやすいです。手すりをつかんだり、本を読んだりして触らないようにしましょう。

顔を触るクセを治すことで角層が守られ、ニキビができにくくなります。

コメントを残す